HR mics
すぐ効くよく効く。壁の穴研修
vol18表紙 vol19表紙
準備中 HR mics vol.19
vol20表紙 vol21表紙
HR mics vol.20 HR mics vol.21

1章 教育研修には、経営合理性があるか?

01.研修効果を測るHR的な標準手法
02.労働経済学が検証した教育研修効果
03.経済学的な結論への人事的な補足

2章 今日的課題に悩んだら、壁の穴研修を

01.視野の転換
02.アセスメントとチームビルディング
03.視野の拡大
04.組織の風通しを良くする
05.ブレークスルー

3章 経営と人事を結ぶ、教育投資のあり方

01.日本型組織と日本型研修の問題点
02.戦略的人事に求められる教育のメカニズム

 


 
HR mics REVIEW

9月24日(木)東京、28日(月)大阪 第22回HRmicsレビュー開催
職業訓練型の大学は本当に有効か。欧州の事例を交えて特集内容を深掘りします。そうし教育はコストか、投資か。教育といえば、まだ「投資」という人が多いでしょうが、これが研修となると、「コスト」と考える人が多くなるのではないでしょうか。果たしてそれでいいのか。なぜコストになってしまうのか。コストではなく、投資に変えるためには、どう視野を変えれば良いのか、などを考えていきます。

≪プログラム≫
Part1
【テーマ】教育と経営と人事のベストな関係

22号の特集内容の振り返りを中心に、現在、企業が取り入れやすい研修プログラムや、うまく研修を利用している企業事例などを取り上げていきます。 

【講 師】本誌編集長 海老原 嗣生

Part2
【テーマ(東京)】 これからの人事の話をしよう!     

SHRM(戦略的人事資源管理)の第一人者でもある守島教授に対して、本誌編集長/海老原が、質問する対談形式で、その要諦を詳らかにしていきます。SHRMに必要な3要素が、経営戦略とどうクロスするのか。そのためには人事はどのような素養や視野を持たなければいけないのか。人事スタッフが、「事務のエキスパート」から「人事の専門家」となるための示唆をいただきます。
【講師】 守島 基博氏 (一橋大学商学研究科 教授

【テーマ(大阪)】これからの組織に重要な「ダイアローグ」型コミュニケーション

現在の日本は、経済状況の変遷から、バブル期以前の古き良き組織形態が通用しなくなっています。それは上意下達型であり、安定した経済環境で成長を続ける企業だからこそ、意義のあった組織形態です。変化の激しい現代では、組織構成員それぞれが、自分で考え、市場の変化に最適な解を出していく自律活性化組織でなければ、ビジネスで勝ち抜けないでしょう。この環境に即した組織形態の変化に大切となる「ダイアローグ」型対話の意義を説明していだきます。 
   
【講師】 高橋 潔氏 ( 神戸大学大学院経営学研究科 教授)

※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。
※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いします。
※主催 株式会社リクルートキャリア
(参加申し込みボタンからはリクルートキャリアのHPに移行します)

開催地:東京
開催地:大阪
ボタン:会場詳細 ボタン:過去のレビュー ボタン:参加申し込み
BOOKS

8/26 部下や後輩のやる気を引き出すマネジメント理論



東京)飯田橋


右下著書付き!
4,000円(税込)

9/25 部下や後輩のやる気を引き出すマネジメント理論



大阪)梅田


右下著書付き!


4,000円(税込)

9/4 部下や後輩のやる気を引き出すマネジメント理論



名古屋)栄


右著書付き!
4,000円(税込)

9/16 部下や後輩のやる気を引き出すマネジメント理論



東京)飯田橋


右著書付き!


4,000円(税込)

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方


海老原嗣生(弊社代表取締役)
プレジデント社
1,728円(税込)
2015/03発行

 
人事・経営のヒント
人事に役立つデータ
弊社HRmics編集部が活用している、人事に役立つデータを随時掲載

プレゼン資料集
ここでは、プレゼンテーションに活かせる資料を随時掲載

採用の達人
採用という観点から役に立つ情報を随時掲載