HR mics
気づけば、異国からの人たち 〜技能実習生、留学生、外国人新卒採用・・・・・・〜
vol20表紙 vol21表紙
HR mics vol.20 HR mics vol.21
vol22表紙 vol23表紙
HR mics vol.22 HR mics vol.23

1章 少子高齢化時代の社会的シフト

§1.最後の1ピースとしての少数外国人労働者
§2.外国人労働力管理システムとしての技能実習生制度

2章 人材枯渇で技能実習生対応も新ステージに

§1. 「安い」から、「手間をかけてでも」に
§2.この制度の発展のカギが何か

3章 なぜ、留学生は日本を選び、日本で働いてくれるのか

§1.留学生獲得競争、勝利の法則
§2.日本の大学を選び、日本で就職する理由
§3.流通・サービス業が留学生の十八番になる理由


 
HR mics REVIEW

第24回HRmicsレビューは終了しました

今回の特集は、外国人労働者にスポットを当てています。移民に対してはその是非が正面から問われることはありません。が、しかし、すでに外国人労働者は日本に多数入って来ています。その一つが、技能実習生であり、留学生のアルバイト、そして、彼らが卒業後に新卒入社するルートです。

  一方で、少子高齢化により日本では労働力不足が深刻化しつつあります。この解を安直に外国人労働者に求めることは避けつつも、どんな職務に人材難が起き、それをどう解決するか、も考えていかなければならない時期です。

この難しい問題について、考えてみた特集です。 

プログラム≫

Part1

【テーマ】「技術実習生と新卒留学生」にまつわる国家戦略

 

技能実習生に関する新法が通ると、対象職種が拡大され、在留年数も延長します。近い将来、毎年10万人の実習生が来日し、同時に10万人が帰国する社会となりま す。この「出 」と「入り」に戦略を用意すれば、大きな外交ツールとなるのではないか 

一方、日本の大学は一見、機能面で海外の大学に劣るように見えますが、プラグ マチックに見れば、留学生獲得で大きな優位性を持っています(特集参照)。ここ に焦点を当て、留学生獲得競争に勝利すべきではないか 

二つの戦略課題について考えてみます。 

  【講 師】本誌編集長 海老原 嗣生

 

Part2

【東京会場】 

<テーマ>先進国における「外国人労働者受け入れ」の実態

 

欧米諸国での外国人労働者の受け入れを歴史的に振り返ってみます。そこから見 えてくる教訓は何か、それに比較してみた時に、日本の受け入れ方法はどうか、率直な評価を聞き、現状の課題と今後の方向性を語っていただきます。

<講師>

法政大学社会学部教授 上林 千恵子氏

【大阪会場】

<テーマ> 技能実習生と日本企業のベストプラクティス作り

技能実習生も成長し、企業も事業を発展させる。そんなWinWinでお互いが喜ぶ関係とはどんなものなのか。長らく中小企業経営の現場を歩いてきた中沢氏に、実例をもとに、その成功のための法則を語っていただき ます。経営者は良き関係づくりのために、何をすべきか、のヒントを開示いただきます。

<講師>

福山大学経済学部教授 中沢 孝夫

 

定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。

講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いします。

主催 株式会社リクルートキャリア


ボタン:会場詳細 ボタン:過去のレビュー ボタン:参加申し込み
BOOKS

即効マネジメント:部下をコントロールする黄金原則

海老原 嗣生

さくま新書


821円(税込)
2016/05発行

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと:会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

海老原 嗣生
小学館文庫 プレジデントセレクト
616円(税込)
2016/05発行

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方


海老原嗣生(弊社代表取締役)
プレジデント社
1,728円(税込)
2015/03発行

なぜ7割のエントリーシートは読まずに、捨てられるのか?

海老原嗣生(弊社代表取締役)
東洋経済新報社
1,296円(税込)
2015/01発行

いっしょうけんめい「働かない」社会をつくる

海老原嗣生(弊社代表取締役)著
PHP新書
886円(税込)
2014/09発行

 
人事・経営のヒント
人事に役立つデータ
弊社HRmics編集部が活用している、人事に役立つデータを随時掲載

プレゼン資料集
ここでは、プレゼンテーションに活かせる資料を随時掲載

採用の達人
採用という観点から役に立つ情報を随時掲載