HR mics
もっと本気で障がい者雇用 福祉と合理性の邂逅
vol14表紙 vol15表紙
HR mics vol.14 HR mics vol.15
vol16表紙 vol17表紙
HR mics vol.16 HR mics vol.17

1章 障がい者雇用の現状を3つの角度から検証する

01.日本の障がい者雇用法制の歴史
02.障がい者雇用とはどのような形で進んでいるのか?
03.本気で戦力化を目指すには?−プロたちの問いかけ

2章 本気で活用に成功した企業

01.エフピコ/本気の事業化が、人も育てる
02.日本理化学工業/受け入れたからには一生成長してもらえるように
03.富士ソフト企画/彼らを活かすことで、彼らから教わることも多い
04.アイエスエフネット/「個性」あるメンバーが自社の未来を創る

3章 これからの障がい者雇用を考える

 


 
HR mics REVIEW

5月20日(火)東京、23日(金)大阪 第18回HRmicsレビュー開催

障がい者雇用を攻めの経営に取り入れる方法はないか。もちろん、福祉的経営の側面を否定はしない。ただ、本気で戦力化に取り組むことにより、障がい者も働く楽しみを知り、そして彼らに成長を促す。企業も働く障がい者もWin-Winになる方法を探っていく。

≪プログラム≫
Part1
【テーマ】障がい者雇用と経営合理性の両立は可能か
障がい者雇用に関わる法制度、とりわけ助成金や支援金などを紹介し、それらをどう組み合わせれば、事業化と人材の育成の両立が可能か、を提示します。また、特集最後に触れました、日本型、欧米型それぞれのメリットやデメリットなども合わせて考えていきます。
【講 師】本誌編集長 海老原 嗣生

Part2
【テーマ(東京)】欧州との比較で考える障がい者雇用の在り方 
障がい者雇用が欧州ではどのように進んでいるか、そこから、日本での障がい者雇用をどのように進めていくべきか、行政はどのようなサポートすべきか、などをお話しいただきます。
【講師】永野 仁美氏(上智大学法学部 准教授)

【テーマ(大阪)】本気の事業化でこそ、障がい者も成長する 
障がい者雇用について、エフピコ愛パックやダックスの事例をもとに、しっかりと本業の中で、障がい者雇用が根付いているその秘訣について、また、成功させるためのポイントや、苦労した点などをお話しいただきます。
【講師】藤井 智彦氏(エフピコ愛パック株式会社
                          福山選別センター管理者サービス管理責任者) 

※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。
※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いします。
※主催 株式会社リクルートキャリア
(参加申し込みボタンからはリクルートキャリアのHPに移行します)

開催地:東京
開催地:大阪
ボタン:会場詳細 ボタン:過去のレビュー ボタン:参加申し込み
BOOKS

女子のキャリア:<男社会>のしくみ、教えます

海老原嗣生(弊社代表取締役)著
ちくまプリマー新書
882円(税込)
2012/10発行

雇用の常識 決着版「本当に見えるウソ」

海老原嗣生(弊社代表取締役)著
ちくま文庫
819円(税込)
2012/08発行

偏差値・知名度ではわからない 就職に強い大学・学部

海老原嗣生(弊社代表取締役)著
朝日新聞出版
756円(税込)
2012/03発行

名著で読み解く 日本人はどのように仕事をしてきたか

海老原嗣生(弊社代表取締役)/荻野進介(本誌副編集長)著
中公新書ラクレ
924円(税込)
2011/11発行

仕事をしたつもり

海老原嗣生(弊社代表取締役)著

星海社新書


861円(税込)
2011/09発行

 
人事・経営のヒント
人事に役立つデータ
弊社HRmics編集部が活用している、人事に役立つデータを随時掲載

プレゼン資料集
ここでは、プレゼンテーションに活かせる資料を随時掲載

採用の達人
採用という観点から役に立つ情報を随時掲載